憧れの髪型に挑戦|頭皮シャンプーで頭皮環境正常化

歳をとっても綺麗な髪の毛

案内

染まる仕組み

白髪が気になってくると、多くの人が白髪染めを使用します。白髪染めは普通のヘアカラーとは異なり、白髪が染まりやすいようにできています。その特徴としては、次のようなものがあげられます。まず、髪の毛の表面にあるキューティクルを開きます。そこから白髪染めの成分が浸透していきます。次に脱色をします。こうすることでより色が入りやすくなります。そして最後に発色して色が定着します。最初の工程である脱色は、白髪ではない黒い髪に対して行うものです。黒い髪を一度脱色することで、白髪同様に色が入りやすくなるからです。なので、白髪染めではない仏のヘアカラーを使用してしまうと、色むらの原因となってしまいます。また、普通のヘアカラーは発色が弱いため、白髪がうまく染まらない可能性もあります。

好みで選ぶ

一口に白髪染めといっても、その種類は様々です。クリーム、乳液、ジェル、泡、粉末などがあげられます。それぞれ特徴が異なるので、自分に合ったものを使うことがおすすめです。クリームタイプは部分染めに適しています。部分的に塗布しても垂れたり流れたりしないのでとても便利です。髪の毛が伸びて白髪が目立ってきた時におすすめです。乳液、ジェル、泡タイプは全体を染める際に最適です。乳液とジェルは伸びが良いので全体に塗布しやすく、泡タイプは初心者でも簡単に使うことができるのが魅力です。粉末タイプのものは部分染め、全体染めどちらにも使えます。使いきりではないので、必要なときに必要な量だけ使うことができるのが一番の魅力です。